The shades of night

永遠の19

【SWSH S9使用構築】受け攻めsinging switch【最高レート:1970 最終882位】

こんにちは、Shadeです。S9お疲れさまでした。
今期は前期より壮大なジェットコースターを行ったり初の2ROM三桁で最終日を迎えることができたりと絶望と成長?を一度に味わった濃縮されたシーズンでした。
ということで今期の構築を紹介していこうと思います。

使用構築

f:id:shadez:20200901101406p:image

 

構築経緯

Twitter上で特化ラッキーが陽気ウーラオスインファイトまでなら耐える、といったようなツイートを見て今世代でもワンチャンあるのではと思い「ラッキー」を受け駒を軸に本構築を組み始めた。

・軸の設定

自分が構築を組む時の調整・技の選び方として「一体のポケモンでできるだけ多くのポケモンに仕事をさせたい」といった考え方がある。そのためオーソドックスな電磁波型では巧みロトムや鉄壁ジバコイルなどの相手はできないため幅広くみれるよう「歌う」を入れた型にしようと決めた。

次に使えそうな枠を検討しているとエスバ+カバの並びにたどり着いた。
この2体+ラッキーで前期結果を残していたエスバ+カバ+ポリ2に近い動きができると思いこの3体をこの構築の軸とした。

・保管枠

せっかくラッキーが歌うを使えるため、残りは積みアタッカーが何体かほしいと思い、特殊枠のトゲキッス、スイーパーの役割も果たせるミミッキを採用した。

基本的にこの5体で回していて不便なく感じていたがどうしてもウーラオス+ジバノラゴンを崩すのを難しく感じたためタスキトリトドンを採用することにした。リスペクトさんと通話しているときにぽっと話題に上がり、試しに採用した途端かなり勝率が上がったため感謝しかない。

 

個体解説

エースバーン(巨大)

f:id:shadez:20200701170737j:image

特性:リベロ
持ち物:こだわりスカーフ
性格:陽気
実数値:155-168(252)-95-x-96(4)-188(252)
技:火炎ボール とんぼ返り アイアンヘッド 飛び膝蹴り

高速エース枠。この構築に行きつくまで玉やチョッキで序盤元気していたが実は全く使いこなせなかった。スカーフにすることで役割がはっきりしたためか非常に使いやすかった。

カバルドン

f:id:shadez:20200901101509j:image

特性:すなおこし
持ち物:オボンの実(アッキの実)
性格:腕白
実数値:215(252)-132-182(220)-x-97(36)-67
技:地震 ストーンエッジ 呪い 怠ける

最終日前日に思い付いた型。完成形になるまではヘビボンとあくびが呪いとエッジの代わりに入っていたがあくびを使う機会がほとんどなかったため積みよりにしようと思い呪いを採用した。また構築上ギャラドスが多く出てくることや舐めたキッスを処理したいことからストーンエッジを採用した。雷の牙でない理由はラッキーの歌うを邪魔しない為。

 

ラッキー

f:id:shadez:20200901101500j:image

特性:自然回復
持ち物:進化の奇石
性格:図太い
実数値:331(44)-x-62(252)-x-152(212)-70
技:地球投げ 歌う ステルスロック たまごうみ

構築のきっかけ。8世代はダイマ適正ないし弱いだろと前シーズンは見向きもしなかった自分が許せない。個人的にはポリゴン2より使いやすくポリ2が苦手な身代わり持ちの特殊枠もうたうと地球投げで完封でき、ワンチャン狙う際もポリ2のトラアタよりも歌うの方が確率も高いため強かった。またステロもほぼ確定で撒けるため最強だった。新たな相棒の予感。

ミミッキュ

f:id:shadez:20200726202039j:image

特性:化けの皮
持ち物:いのちのたま
性格:意地っ張り
実数値:131(4)-156(252)-100-x-125-148(252)
技:かげうち ゴーストダイブ じゃれつく 剣の舞

選出率1位。困ったときはミミ+ラッキーで何とかなることが多かった。当初はカバがアッキを持っていたため玉採用したがアッキでも強いと思うが最終日前日だったため考察時間が足りなかった。

トゲキッス

f:id:shadez:20200726202111j:image

特性:てんのめぐみ
持ち物:ラムのみ
性格:ひかえめ
実数値:161(4)-x-115-189(252)-135-132(252)
技:エアスラッシュ マジカルシャイン 火炎放射 悪だくみ

特殊アタッカー枠。基本的に受けループに投げていた。受けループ使いは基本バンギでキッスを見る傾向が多く巧みを積んだ状態でバンギと対面させればほぼ勝ちが確定した。ただサイクルでウーラオスやゴリランダーも見たいと思い最終日朝6時にアッキ型にしたがこいつがいないせいで受けにボコボコにされたため変えるべきではなかった。今改善するならタスキウーラオスへの勝率を上げるよう持ち物をゴツメにしたかった。

トリトドン

f:id:shadez:20200901101526j:image

特性:呼び水
持ち物:気合いのタスキ
性格:図太い
実数値:209(180)-x-132(252)-112-102-69(76)
技:ねっとう 冷凍ビーム カウンター 自己再生

本構築のMVP枠。ミラコは持たせても怯むし大地はジバコイルくらいにしか役割がないため裏のドラパやキッスを読んで攻撃する用に冷凍ビームを採用した。調整は4振りカバまで抜いてあとは残りでHBに一番厚くなるように振った。ちなみに先日配布されたトドンにして最遅を装ったが装ったところで自分には装う強さを感じられなかった。

基本選出

エスバ+カバ+ラッキー
→タスキエスバを初手に出し物理をカバ、特殊をラッキーで見て隙を見てエスバかカバで全抜き

・トドン+ミミッキュ+ラッキー

→対ジバコイル入り。裏は大体ラキミミで歌えば何とかなったというのは半分冗談でステロでジバコイルやウーラオスのタスキを削ってカウンターやミミッキュで全抜きをしていた。

・ラッキー+ミミッキュ+キッス

→対受けループの回答。ラッキーで歌ってミミッキュかキッスの詰めれそうなほうで積んで数的有利を取りラッキーでTOD

苦手な相手

・ゴーストタイプ全般:トドンのカウンターやラッキーが有効打を持っていないことから処理が難しくかなり5.5割+最速起きを避けるゲームになっていた。

感想

ラッキーが自分の手にしっくりきてかなり使いやすくこいつを採用してから勝率は割といい方向へ安定していった。ただ最終日は歌うの下振れが酷く勝ちきれない為、もう少しこの技に頼らない動きを確立させたかった。
構築以外の感想としては初の2ROM3桁で最終日を迎えることができ良かった。しかし20以上狙うとなると自分の集中力では少し日にちが足りないように感じたためもっと潜れる日・時間に恐れず潜るべきであったと思うためここが来期以降の改善点だと思った。その他には強い人相手に強気に出た結果、自滅することも多々あったため安定行動をもう少し心掛けるべきだと思いました。

 

Special Thanks

ポケ活をしてて初めて通話してくださり、トドンのアイデアをくれたリスペクトさん本当に感謝しています。ありがとうございます。(他の方もお時間あれば話してみたいので是非!)
その他応援してくださった皆さんも本当にありがとうございました。2度も3桁から5桁に落ちましたが励みになりました!
来期もともに励ましあいながら頑張りましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

今期のROM

f:id:shadez:20200901131306j:image

最高
f:id:shadez:20200901131309j:image

最終
f:id:shadez:20200901131312j:image
f:id:shadez:20200901131315j:image

Twitter
Shade (@white_shade25) on Twitter