【SWSH S14使用構築】レヒレ誘導初手ダイマラキナマコ【最高最終レート2009:178位】

 こんにちは、Shadeです。約10シーズンぶりにレート2000に乗ることが出来ました! この10ヶ月近く本気でやったシーズンはずっと1900止まりだったのと今期の中盤酷い時には2.8万位あたりをずっとうろついていたので本当に2000に乗れて嬉しかったです。このルールは最後で需要ないかもですが記念に構築を紹介して行こうと思います!

使用構築

 

f:id:shadez:20210201094142p:image

 

構築経緯

 序盤は初心に帰って対面構築を使っていたが最終週まで4-5桁にずっといて3桁まで上がれなかった。その当時、色々な人に構築相談をさせてもらい「ドヒドラキピクシー」を使用していた。ただ感触は良かったものの順位がなかなか上がらず苦戦していた。そこで対戦数を重ねられ、さらに受けとの相性がいい「初手ダイマ+受け」で組むことを決めた。

初手ダイマ

 初手ダイマ+受けを組むうえでまず意識したのがカプレヒレを誘い倒すことを意識しました。前期までの構築記事を見てると挑発や自然の怒り、黒い霧、スカーフトリックなど受け構築の天敵であることがわかりました。そこで初手ダイマ枠もレヒレに有利に見せて初手から誘い倒すことを意識しました。

ここで他にも欲しい条件をまとめると

・レヒレを初手から倒す→ダイソウゲンorダイサンダーを搭載
・レヒレに弱く見せる→ドラゴン、格闘タイプ等
・抜き性能を高めるためダイジェット+アシッドorナックルが使える

の3つが必要だと思いました。
そこで今期は「玉カイリュー」に注目しこのポケモンを軸に組みました。

受け枠

 ドヒドラキピクシーを使っていたがドヒドイデメタが激しいと感じ似たようなポケモンを探しているとナマコブシが良さそうなので採用した。またピクシーに関しては上からの挑発、殴りに弱いためSが早く回復ソースのある受け枠を探しているとエルフーンが良さそうなので採用した。

襷枠

 先制技が使える+ポリゴン2に弱くなくある程度の素早さを持っているポケモンを探していたところ水ウーラオスを採用した。

補完

 ここまでの5体が個人的に完成されていると感じた。負ける試合の主な原因がミミッキュ、ポリ2、カミツルギの誰かに切り返されることが多かった。最終日はカミツルギに重きを置きテッカグヤを採用した(ただ一試合も出さなかったため他のポケモンも個体解説で簡単に紹介する)。

個体解説

カイリュー
f:id:shadez:20210201094156j:image

特性:マルチスケイル
持ち物:命の球
性格:意地っ張り
実数値:167(4)-204(252)-115-x-120-132(252)
技:ダブルウイング 雷パンチ 冷凍パンチ 馬鹿力

初手ダイマ枠。特別な理由がない限り、95%以上こいつを出して初手の割合も90%は初手に出してたと思います。こいつで3タテした試合も下手したら5割は超えているのではと思います。炎Pや地震、鋼の翼が欲しい試合が何試合もありましたがこの4Wで完結してると思います。

 

ナマコブシ
f:id:shadez:20210201094150j:image

特性:てんねん
持ち物:ウイの実
性格:図太い
実数値:162(252)-x-200(252)-x-151(4)-25
技:水浸し どくどく カウンター 自己再生

ドヒドの代わりに入れた枠。今期はランドがそこそこいたり、カイリューの苦手なブリザポスに強くよかった。水浸しによるボルチェンのダメージカット性能も高く鉢巻ラオス以外なら大抵受け切れていたので強かった。ナットやカグヤに毒が入るのもgoodだった。

〈追記〉どくどくは9割じゃない

 

ラッキー
f:id:shadez:20210201094138j:image

特性:しぜんかいふく
持ち物:進化の輝石
性格:図太い
実数値:325-x-62(252)-x-142(132)-86(124)
技:地球投げ でんじは 身代わり 卵産み

調整 s:麻痺した最速ウツロ抜き

なんだかんだで8の相棒。(別に好きではないんだけどねw)  電磁波による初手ダイマポケモンの再展開、サンダー受けとして採用。サンダーがいる構築には9割は投げてたと思うので採用率的にカイリューの次に選出率が高いと思った。(後は自分がこいつをかなり信用してたからというのもあるかも)

〈追記〉電磁波は9割じゃない

 

エルフーン

f:id:shadez:20210201094135j:image

特性:いたずらごごろ
持ち物:たべのこし
性格:図太い
実数値:161(204)-x-129(188)-98(4)-96(4)-165(108)

技:ムーンフォース 宿り木の種 コットンガード 身代わり

調整 h:残飯効率16n+1 s:最速ウーラオス抜き

ウーラオス受け。ピクシー等と違い上からムーンフォースが打てる、ダイマ権のないゴリラツルギ弱くない点を評価して採用。後はこの構築上重く見えるカバやラグの抑制用として採用した。実際に弱点技を持ってないこの2体には上から身代わり→宿り木orコットンで初手からこちらの有利展開に持っていった。

 

テッカグヤ
f:id:shadez:20210201094147j:image

特性:ビーストブースト
持ち物:パワフルハーブ
性格:ひかえめ
実数値:181(68)-x-124(188)-164(162)-125(28)-112(244)
技:エアスラッシュ 火炎放射 メテオビーム ボディパージ

調整 s:+1で最速100族抜き b<d

実は採用したが選出率0%で完全に見せポケとかしていた。こいつを採用した後ツルギに一試合もマッチしなかった。この枠は色々と変えていたので簡単にこの枠に採用してたポケモンを簡単に載せておきます↓

ゴチルゼル@カゴ HD コスパ アシパ 眠る 身代わり⇔挑発
→ポリ2用に採用した
クレベース@オボン HB 雪雪崩 ボディプレ 鉄壁 自己再生
ミミッキュ用に採用した

 

ウーラオス(連撃の型)
f:id:shadez:20210201094153j:image

 

特性:ふかしのこぶし
持ち物:気合の襷
性格:意地っ張り
実数値:175(4)-200(252)-121(4)-x-80-149(252)

襷枠。対面選出をする際に借り残したポケモンをこいつで薙ぎ倒していた。また、ラッキーな電磁波から色んなポケモンの上を取りつつ戦えるのも大きかった。この枠だけはエスバ等色々案を貰ったがカバやラグの初手率を抑えるため最後まで水ウーラオスで貫き通して正解だった。

 

基本選出

カイリュー+@2→9割はこれ
エルフーンカイリュー+@1→ラグが初手に出そうなとき

 

感想

 本当に久々の2000↑が取れて嬉しかったです!今期は対戦数だけは絶対稼ぐこと、自分らしい構築を作ることを意識してやっていましたが結果的に4-5桁抜け出すために対戦数は増えた感じになりました(笑)最初にも述べた通り20達成したことがあるはずなのにこの10シーズンほど頑張っても19台でずっと停滞して20に行けずさらに今期壮大なジェットコースターをしたことで何度もくじけそうになりましたが諦めず潜り続けて久々の20を達成することができました!構築に関しては受け+攻め駒と役割を明確にし困った時なんでもある程度勝てる選出がある構築が組めたのが大きかったと思います。20は一度達成しているため目標は2050↑でしたが久々の20だったのと朝の6時達成だったので崩れた時戻す時間がないと思いやめてしまいました。(こういうところが弱いんですよね…)来季は忙しいためあまり潜れませんが、今後は2050↑を達成するための目標としてできるだけ早く20を達成し2ROM用意して最終日挑めるようになりたいです!

 ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

specoal thanks

・SHOGINGさん:最初の原案(ドヒドラキピクシー)を教えていただきありがとうございます。
・ふとんさん:襷枠を探してるときに水ウーラを勧めてくださりありがとうございます。
・大人銀行さん:ナマコの使い方やダメ計教えてくださりありがとうございました。
・ぐらんさん:色エルフ、クレベ、カグヤ下さりありがとうございました。
・窓の皆さん:最終週ずっと応援してくださりありがとうございました。
・FFのみなさま:暖かい応援リプありがとうございました!

 

終結

f:id:shadez:20210201144340j:image

f:id:shadez:20210201144425j:image

 

Twitter
Shade (@white_shade25) | Twitter

 

おまけ

最近CASで使用してるbgmです。自分も本当に最近"nons works"を知ったのですがどのbgmも素敵でした。他のbgmもかっこいいので是非!

youtu.be