【SWSH S22使用構築】蒼響のスリーピングナイツ【最高202x】

こんにちは、Shadeです。S22は2ロム2000を達成できました。最終日は憎きゴチルメタモンの大量増殖により宇宙に散ってしまいましたが気に入った構築だったので紹介します。

使用構築

f:id:shadez:20211001060120p:image

伝説選択

今期もウーラオスに不利は取りたくない一心からザシアン、ムゲンダイナ、ゼルネアスetc…からの選択を考えた。そこで序盤ザシアンを試したいと思い「蒼響」の厳選をしたが言語選択を間違えたことにザシアン捕獲画面で気づいた。

嘆きのツイートをすると「ソードアート・オンライン コードレジスタ」という今はサ終したソシャゲで繋がっていた人から譲ってくれるとのリプが1年ぶりくらいに来た。これは使うしかないと思い、ザシアンを選択した。

 

構築経緯

ザシアン軸ミラーは経験とプレイングが顕著に出るため自分が勝つにはまだ世に出てない構築と得意な戦術を用いることが必要だと考えた。そこでまだ開拓が進んでいないかつ得意な「受け攻めザシアン軸」を組むことにした。

まず相方にザシアン受けとしてヌオー、速いダイナやスカーフオーガ対策としてラッキーを採用した。次にザシアンの天敵の状態異常軍団(サンダー、カバルドンラグラージ等)への対策としてミストフィールド要員のカプ・レヒレを採用。

ここでザシアンの天敵であり環境でも多い黒バドに対して考える。最初は単純にバルジーナブラッキーの採用を考えていたが単体で見ると並びで崩されることが多かった。そこでこちらも並びで見るためにザシアン+@2でかつ、この@2に汎用性を持たせるように考えた。そこでまずは黒バドの攻撃を受け対面操作のできるスカーフ悪ウーラオスを採用。環境の黒バド軸に多いランドロスバルジーナ、水ウーラオスに勝て、かつ襷で対面なら勝てるアローラキュウコンを採用し完成した。詳細については個体解説で紹介する。

個体解説

ザシアン

f:id:shadez:20211001060733p:plain

調整
s:準速エスバ抜き
h:臆病眼鏡黒バドのアストラルビット乱数6.2%

伝説枠。催眠から全抜きができるよう剣舞型とした。残りは安定打点の巨獣斬、インファはナットやヒードラン、ワイボはドヒドや鳳凰に打つため採用。じゃれつくも考えたがさっきあげたやつで見てくるのがストレスすぎたのでこの構成となった。どんな攻撃も大抵1回は耐えるため本当に使いやすかった。

 

カプ・レヒレ

f:id:shadez:20211001061032p:plain

調整

c:h252振りサンダーを波乗りで乱数2発(98%)
s:最速75族(ウオノラゴン)抜き
h:16n-1かつ10n-1で天候ダメや火傷、トリックでの玉ダメ軽減
あまりb:ザシアンの巨獣斬を耐える範囲を増やすため

ミストフィールド枠。普通のメガネ型だがリフレクターがおしゃれポイント。この技を採用することで有利対面壁を貼ることでザシアンに対しこちらのザシアンが後出しや巨獣斬2耐えが可能になったりウオノラゴンのエラガミをヌオーが耐えてカウンターが打てるようになり「カバザシノラゴン軸」に非常につよかった。候補としてはシャドボ、冷凍ビーム、挑発、黒い霧などがあった。

 

ウーラオス(一撃の型)

f:id:shadez:20211001061312p:plain

スカーフ枠。元々フェローチェでこの枠を考えていたが悪ウーラオスにすることで耐久がある程度高く黒バドに後出しが1回は可能なため採用した。またカイオーガ軸が怪しく見えるが蜻蛉→ラッキー出しでメガネオーガの雨下潮吹きもギリギリいけるようになる。

 

ラッキー

f:id:shadez:20211001061643p:plain

Vo枠。ステロを採用することでhbランドに対してザシアンが威嚇込みで巨獣斬確定2発になったりPTで重いサンダーやウルガモスマンムーの襷潰しができる。また地球投げ、卵産みは確定のため最後の技を考察。ザシアン最大の敵はヌオーでありこいつは催眠からのザシアンのゴリ押しで倒すという、相手から見えない勝ち筋が追え、不利構築を55%で一気にひっくり返すことも可能なため「歌う」を採用した。未来予知サイクルが苦手な人や命中不安が怖い方は身代わりがおすすめ。

 

ヌオー

f:id:shadez:20211001061909p:plain

ザシアン&メタモン対策。カウンターを入れることでウーラオスや砂かきノラゴンに勝てるようになる。また地震ヒードランへの打点、メンヘラミミッキュの身代わりを割る役割として採用した。

 

アローラキュウコン

f:id:shadez:20211001062518p:plain

調整:意地水ウーラオスの水流連打乱数6.2%

※d4振りよりa4振るべきです。

黒バド対策。前期「悪波+あられ+礫」で落とせるといった記事がありかつ現環境の黒バド軸の取り巻きのウーラオスランドロスバルジーナ等に強いため採用。ここで催眠術の採用理由について説明する。ナットレイヒードラン入りやザシアン軸など選出範囲を無理矢理この技を入れることで広げることができるため採用した。ムーンフォースを入れないことで勝てない相手も出てくるがそれは催眠で眠らされば関係なくむしろこの技を入れることで勝てる範囲が広がるため自分の中では催眠術一択だった。

 

選出

基本:ザシアン+ラッキー+ヌオー

→相手の状態異常が嫌な時は相手の伝説に合わせてどれかをカプ・レヒレと入れ替える。

黒バド:ザシアン+悪ウーラオス+Aキュウコン

→ザシアンの通りがいい時は悪ウーラオスかAキュウコンをラッキーと入れ替え歌って勝ちに行く

黒バド以外は大体基本選出で勝てるが絶対勝てない構築は魂を込めて催眠で眠らせて気合いで勝ちにいく

 

苦手なポケモン

エースバーン:ヌオーが乱数かつ黒バドに入ってたら勝てない

ゴリランダー:読まれたらきつい魂を込めて釣る(ゴリラ対面の催眠は外すと致命傷になります)

フリドラマンムー:受けられない

あらゆる鉢巻/玉アタッカー:受けられない

顎鉢巻ウオノラゴン:鬼の立ち回りが必要。隙を突いてリフレク貼って頑張る

ヌオー+ラッキー:相手が下手なことに賭ける

ヨプのみ持ち鋼:特にナットレイ、炎牙考慮しろ

サンダー:一生運ゲしてろ。催眠はこっちから1ターン消費して打ってるんだ!ボルチェンで逃げるな!卑怯者!

ゴチルゼル:消えろ

ゴチル+メタモン:この世の終わり

感想

今期はレートが可視化して初めて2シーズン連続でレート2000かつ2ロムを達成できた。しかし最終日ゴチルゼルメタモンが大量発生し処理の仕方が全く分からなかった。ここに関しては正直落としても仕方なかった。しかしこれに心折れ、他の構築にもプレイングがおざなりになってしまい勝てなくなったのが本当によくなかった。ただこの環境は今までと比べすごく楽しいため来季はもっと勉強し今期よりも勝ちたいと思う。

追記

記事を書いててゴチルメタモン多いってことはあれ?前期の鹿構築勝てるんじゃね?寝れないしやるかっていう徹夜明けテンションで潜ったら確かラッキー入り以外は全て破壊して2000まで(約レート60↑)すんなりと上がった。環境ってすごく大事なんだなってなった。

この2つの大きな違いは全部の構築に勝てるかピンポイントで絶対負けないかってところだと思う。催眠や歌うの引き方によってはどんな不利構築でもひっくり返せるが普通の構築にも打つ時が出てきたり頼って負けるそこが違いだと思う。

成績

TN shade 最高202x 最終2007(241位)
TN TOKO 最高2007 最終宇宙

両レート2000達成時↓

f:id:shadez:20211001065440j:image

最終↓

f:id:shadez:20211001144840j:image

おまけ枠

今回の布教枠は構築名から察しのいいかたもいらっしゃると思うがSAOこと「ソードアート・オンライン」です。

知らない人のために簡単なあらすじを

ソードアート・オンラインと呼ばれるVRMMOのゲームのプレイ中ゲームからログアウトできなくなりゲームマスターから「ログアウトするにはゲームをクリアする必要がある。ただしゲーム内の死ぬと現実世界でも死ぬ」と告げられ主人公キリトたちがゲームクリアに向けて奔走する話。

話を知らなくてもイキリトとかで有名な奴です。この作品は自分がアニメにハマった原点の作品の一つで目的が各章はっきりしてる分、話も分かりやすくて見やすいです。来月最終日の前には話と話の空白期間の内容が公開されます。こっちのシリーズは自分は漫画で読んだのですが本編より好きです。ツンツンしてる時代のアスナ(下のサムネの子が好き)がかわいいので

まあ来季やると思うから多分見に行くのは最終日より後になると思うけど

youtu.be

今回の構築名もこの作品に存在するギルド名から取りました。サブロムのTNはバンドリ縛りをしているためキリトの現実世界の苗字と全く一緒のキャラを使いました。この子ちゃんとイキッたキャラですw

f:id:shadez:20211001163343p:image

(キャラ名:桐ヶ谷透子)

f:id:shadez:20211001163918j:image

後、本当に当時ハマりすぎててポケモンより最終2桁取ってますw これが上で言ってた例のソシャゲです。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

Twitter
Shade (@white_shade25) | Twitter