8世代振り返り

8世代はほぼ毎シーズン最終日まで諦めずどちらかのルールを頑張ったと思うので簡単に振り返ってみようと思う。

f:id:shadez:20220917221203j:image

↑サムネ用:お世話になったポケモン達代表

 

構築振り返り

S1

最高4000位くらい? 最終9000位くらい

ドラパミミサザンみたいなの使ってた。ほぼ厳選してたのであまり覚えてない

 

S2〜S3

S2が9000位くらいでS3が2万位くらい。

シールド買ってのロム増設作業してた気がするのと卒業前だったので普通にポケモン以外で遊んでた。

 

S4

最終324位 R2014

f:id:shadez:20220904004542p:image

卒業式が終わってからめっちゃやり込んだ結果なんと初3桁、しかもこの時レート見えてないだけで2000も超えてた。何がすごいってこの時同時にバンドリも最終74位という1週間で50時間弱かかる周回やりながらとったこと。

 

S5

最終699位 R1953

f:id:shadez:20220904004553p:image

2シーズン連続の3桁に歓喜してた。見えないから仕方なかったけど最終日最高200位台だったから止めておけば多分2000は余裕で超えてた。

 

S6

最終8000位くらい

ホーム解禁シーズン。ありえないくらい勝てなかった。パッチラゴンは2度と使わないと誓った。

 

S7

最終431位   R1942

f:id:shadez:20220904004613p:image

2000チャレまで行ったが敵わずだった…

ただこのシーズンで受け攻めスイッチがかなり好きになり愛用するようになった。

 

S8

最終786位 R1950

f:id:shadez:20220904004626p:image

f:id:shadez:20220904004636j:image

葉桜杯を優勝したシーズン。これまではシーズンTwitterはしてたけど、ほぼfgoかバンドリだったし本格的にポケモンをし始めたのもこのシーズンかも。あわよくば課金の足しにできればと思って参加したらなんか2000は当たり前の猛者ばっかだったが優勝できた。当時にしては構築もかなりいい出来だったし大満足だった。ただ磁波ドラパが増えすぎて頭がおかしくなってやめた。その後ptを変更し1950まで頑張ったが微妙な結果で終わった。

 

S9

最終882位 R1918

f:id:shadez:20220904005638p:image

剣盾初の歌うラッキーを使ったシーズン。

特に思い入れはない。

 

S10

最高R1984 最終2000位くらい

f:id:shadez:20220904005652p:image

逆張りしてダゲキで2000チャレしたシーズン。

このシーズン2週目後半くらいから最終日までずっと1900にいたのに2000取れなかった。後100が本当に遠すぎて無理だった… 

 

S11

最終7000位くらい

冠解禁に加えて、外部論文の執筆に追われてほぼやってなかった。

 

S12

最高R198× 最終R1871

f:id:shadez:20220904005706p:image

ギロチン3連外しで20チャレを落としたシーズン。見た目偏差値はかなり高くて好き。確かゲンガーミミグライラキヌオーグロスをこの世代に落とし込んで作った。

 

S13

最高R1966 最終1874

f:id:shadez:20220904005904p:image

レイラさんにドリュサンダーが強いと言われたのでスカーフサンダーで回しながらダイマを凌ぐorアタッカーにつなげるといった構築にしたところ最終日まで数日でレートが100以上一気に上がった。3000位くらいからスタートした割には頑張った。

 

S14

最高最終178位 R2009

f:id:shadez:20220904005918p:image

久々のレート2000だった。中盤も2万位の監獄から抜け出せずどうしようか伸び悩んでたら少し結果を残していたカイリューナマコハピに目をつけ使ったところホームでレート確認できてからは初めての2000が取れた。あまりの感動に思わず泣いた覚えがある

 

S15

最高R1900くらい

純正受けルでダイナハピヌオームドーバンギヤドランみたいなのを使ってた、はず

マジで何も思いつかなかった。

 

S16

最終4000位くらい

就活が本格的に始まったため確かそんなにやらなかった。鳳凰が気になってたのでずっと回してた。確かこの頃はブーツ。

 

S17

最終48位 R2023(シングル)

最終529位 R1737 (ダブル)

f:id:shadez:20220904005935p:image

シングルで初2桁、ダブルで初3桁のめでたいシーズン。パージュさんのS16の記事を見て自分のやりたい要素が全部詰まってて最高の構築だった。鳳凰をちゃんと活躍させてあげられたしなんとこのシーズンでの鳳凰最高順位だったのもめでたい!まぁ就活は第一志望落ちたのでバランス取れてたのかも… ところで2020超えたら貰えるはずだった色サ… やめとくか

 

S18

最高R1909

f:id:shadez:20220904005951p:image

就活を少し方向転換したいと思いエントリーシートとかめっちゃ書いてて控えめだった気がする。構築も僕が使って強い構築ではなかったしまぁ妥当。

 

S19

最終54位 R2016

f:id:shadez:20220904010007p:image

就活が終わって今までのポケモン欲を全てぶつけた。S18で受けが微妙なことが分かったためガチ対面で勝負したらエスバが全部応えてくれた。就活もポケモンも上振れてた。

 

S20 

最高R196×

f:id:shadez:20220904010025p:image

次のシーズン壁構築で行こうと決めていたため練習も兼ねて壁ガラファイを使った。結果は奮わなかったが次のシーズンに経験値を繋げられたと思う。

 

S21

最終145位 R2051

f:id:shadez:20220904010039p:image

初2050からの3ロムレート2000を達成する化け物になってた。完全己をロボットと化して戦ってた。ただ、いい成績を残せた代わりにここで止めてしまったことをめっちゃ後悔した…

 

S22

最高R2022 最終R2007

f:id:shadez:20220904010053p:image

このシーズンも2ロム2000で最終日を迎えることができた。構築の見た目完成度はぶっちぎりで1番好き。S17と同じくやりたいことを全て詰め込めた。同時にゴチルゼルが大嫌いになった。

 

S23

最終167位 R2004

f:id:shadez:20220904010116p:image

このシーズン使用率圏外のミルタンクで3シーズン連続で2000を達成。終盤2ロム目が1万位まで落ちる事件が発生したが、最終日レート100上げてなんとか2000を達成できた。このルールで学んだのは信じた構築を貫くこと。

 

S24

最高R196× 最終R1886

f:id:shadez:20220904010131p:image

ポケリーグ予選での好成績に調子に乗ってS17の構築をそのまま使用。S17にいなかった初手ダイマ玉サンダーにボコボコにされた。ラッキーいるのに切らないでくれって永遠に叫んでた。

 

S25

最高R196× 最終200位くらい?

f:id:shadez:20220904010240j:image

歌うラッキー撲滅隊にビビって封印した。最終日最後の3時間だけ解禁したらめっちゃ勝てたので使えばよかった。いつもは切断バグ、詐称、しょうもない悪口はボコボコにする癖に型晒しは使えるから放置してるの本当意味わかんなかった。プレイングの一貫とか言うならそう言うとこも一貫させろ。

 

S26

最高R198× 最終R1900くらい

f:id:shadez:20220904010258p:image

大アイスバンギとか大アイスルギアとかいつもいないやつにボコボコにされまくった。久々にチャレまで行けたのに悔しかった。思えばこのシーズンが最後の20チャレだったとのちに気付く←今気づいた。

 

S27

最高R197× 最終R1964

f:id:shadez:20220904010333p:image

ザシアンに強い壁で行くと決めていたため使用。多分敗因はジガルデの練度の低さ。伝説2体選出は基本できていたし悪くはなかった。

 

S28

最終58位(ダブル)

f:id:shadez:20220904010350j:image

就職のため引っ越しであまり時間が取れないこととPJCS予選で目覚めたためシングルを完全に捨て、初のシーズン通してのダブルに挑戦。まさか最初のシーズンで2桁を取れるとは思わなかった。構築も自分で1から考えたものだったし全てにおいて最高の出来だった!

 

S29

最高R182× 最終720位(ダブル)

f:id:shadez:20220904010403j:image

4月のPJCSは完膚なきまでに叩きのめされ上位のと差を思い知らされた。悔しさをバネに5月の突破を目標にこのシーズンもダブル1本に集中した。ただシーズンの結果も微妙で壁の厚さを感じた。

 

s30〜31

S30 196×

S31 193×

f:id:shadez:20220904010418j:image

5月予選はあと3勝ち越しのとこまで行ったが残念ながら権利を取れなかった。久々のシングルに復帰して2シーズン通してバドオーガを使用した。なんで勝てなかったのはわかんないから多分自分が弱かった。

 

S32

最高R196× 最終258位

色々あるため構築は伏せる。2桁チャレまでは行けたが運悪く通せず。そのあと勝てば別にまだチャンスあったから自分が弱かったんだと思う。特に精神的に

 

S33

最高R184× 最終213位(ダブル)

f:id:shadez:20220904010439j:image

シングルが勝てないのと楽しくなくなったため元々このシーズンやるつもりだったダブルを最終日3日前、モンボ4からスタートした。最終日前日新型ディアザシで3桁まで行ったがその後4000位まで溶けた。PTを最終案に変えたら一気に2桁チャレまで駆け上がった。2桁チャレ、サマヨールの耐久力を侮って負けてしまった。ダブルをずっとやればこの負けはなかったから今でもこの負けを引きずってる。しばらく2000が取れてないからシングル頑張ってたけど、今後はやりたい気持ちがあるなら、その気持ちを大切にしてやりたいルールをやろうと思った。楽しめるポケモンが1番楽しいし、2000いけなかったのは心が乗ってなかったんだと思う。それ故の精神の弱さが出た気がする。

S34

最終653位(ダブル)

f:id:shadez:20221102200642j:image

序盤〜中盤、たいきさんと見つけたこの並びで爆勝ちしてたが色んな実況者たちが放送で使い始め、手の内がバレて最後負けまくった。まぁリンヤサンの派生みたいなものだったし、そこは割り切るしかないのかなと思った。ここでの反省点は勝てる時に勝ち切って、構築の手の内、戦い方をいかに隠すかだと思った。

 

S35

最終69位 rate1833

f:id:shadez:20221102200652j:image

 ふとん君のアドバイスもあり今期は上位帯でずっと戦うことを意識。これまで苦手意識のあったカイオーガイベルタルエルフーンにも序盤から2桁台でガンガンチャレンジし最後は使わなかったが相手の仕方がなんとなく掴めた気がした。その中で終盤、30位台のカメックス使いと当たり、このポケモン実はやれる…?と思い、それまでリザバナにボコされまくってたことから試しに感触を味わうために使い始めたところめっちゃ勝てた。30位台のをそのままパクったりしてもいい気がしないのはもちろん、理解しきれるわけがないためGSルールのカメックス構築を調べてたところ、必要な要素、主な選出がわかりこの構築にたどり着いた。上で戦うことは強い構築がひしめきあってたり強いプレイングを勉強できるため今期の取り組み方は大正解のおかげで対戦数もかなり抑えられたのではないかと思った! リバティに残らなかったのは悔しいけど最後笑顔で終われて本当に良かった!

 

面白調整

自信があるものを3つセレクトした。

カプ・レヒレ

f:id:shadez:20220917010705j:image

このポケモンは僕が使用者として大好きなのでずっと考察し続けていた。その集大成が前期のこのレヒレ。ジガルデやイベルタルに強いのはもちろんS33ではバドのメタモン対策としても使用できるように調整した。SVではダイマがなかったりガッサやビビヨンが復活するためこいつをうまく組み込んだ構築をまた組んでいきたい。

 

ミルタンク

f:id:shadez:20220917010643j:image

伝説環境は好きなポケモンで勝てないとかいう人に対してのカウンターです(S23ダイマなし禁伝1使用率圏外)。僕も使う前は疑心暗鬼だったけどダメ計すると、とんでもないことが把握。なんと対処が難しいポケモンが次々と受かってて笑ってた。こういうので勝つのは本当に楽しいから視野を広げて考えていきたい。

 

ウオチルドン

f:id:shadez:20220917011151j:image

ウォーターパラダイスの救世主。あられが疑似的なステロを撒きながらSも上がり、フリドラはほぼ全てのポケモンに弱点をつけ、下からチャージ→イバン発射で実質的パワハも持てるのは非常に面白かった。ウオチルドンはほとんど使われてなさそうだったしこれもミルタンク同様に嬉しかった!

 

成績まとめ

最高2000↑8回

最終2桁 シングル2回 ダブル2回 公式大会6回

歌うラッキー使用シーズン:S9,10,12,17,22,24,(25),30,31

 

感想

 7世代はずっと頑張ってR1900が限界だったので自分にとっては上出来だと思う。それとは逆に剣盾〜勢の勢いは凄まじく、あっという間にどんどん抜かされていって感心してる。対戦数や最終日以外も徹夜したりって言う話を聞いてると、自分を遥かに上回る数をこなしているし対戦にかける熱量が凄まじくとても真似できないので、本当に尊敬している。

 言い訳感あるけど自分はバンドリ勢なので、他にリソースを割いている分、8世代民との差が出てしまったのかなと思う。あとは突出したうまさがあるわけでもないし。

 あとはダブルバトルの存在。これが大きかかったと思う。シングル勝てないから逃げたのでは?と思う方もいるかもだが、2割正解で8割間違い。僕からするとこのルールは難しくはあるがプレイングの正解か間違いが非常に分かりやすい。また、世にありそうな強い構築だとプレイングの差がはっきり出て情報量の差からもカモられるがtier b〜cの構築を自分で1から編み出すことができればオリジナル性を発揮しプレイングで負けているところを構築でカバーできるところが非常に魅力的に感じた。一シーズンでもいいから本気で取り組めば楽しさが分かるためやる気がないなー、このルールつまらん、飽きたってSVでもなったらダブルバトルに手を出してみてもいかがでしょうか?

 ちゃんと強くないことは認識しているので強い人に追いつくのは何年先になるか、ひょっとしたら追いつけないかもだけど、ポケモン対戦というコンテンツは非常に楽しいため、これからも両立第一にポケモンも頑張れたらなと思う。

ということでSVの目標を

・シングルorダブル二桁常連

→剣盾(ポケモン歴4年目くらいで)でようやく最終2桁達成ができたためSVではまずはこれが安定するようにしたい!

・PJCS本戦出場

→剣盾でも後少しとところまでは行けたし、ダブルの組み方、考え方はだんだんわかってきたので今度は本戦出場を目指して頑張っていきたいと思う!

って言う2つかなと思う。

有言実行できるかは分かりませんが勝てるよう頑張りますので応援のほどよろしくお願いします!

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

不満

 こんだけポケモンの人口いるのにバンドリ好きな人少なすぎて悲しいです。プロセカにも負けない音楽とシナリオ、キャストさんの演奏するリアルライブがあるので是非新規参入or復帰してくれるとものすごく嬉しいです。