The shades of night

永遠の19

【SWSH S8最終使用構築】 ポリヒトデ受けループ【最終786位/レート1950】

こんにちは、Shadeです。今回はS8終盤に使用した構築を紹介していこうと思います。(S9で使用するかもしれないため下書きにしていましたがこの構築と縁を切るため公開することにしました)

使用構築

f:id:shadez:20200809130935j:image

構築経緯

受け攻めスイッチというコンセプトは残しつつ電磁波等の運ゲーの影響を受けにくいPTを意識した。
1.ポリゴン2ドヒドイデ
期間も短いため前構築から引き継げるものは引き継ごうと思いこの二体を採用。

2.バルジーナ+ハピナス
エスバやウーラオスを意識し物理受けをバルジ、特殊受けにハピナスを採用した。

3.アローラガラガラ
ポリゴン2トリックルームを採用している
・ここまで重いパッチラゴンやジバコイル等の高火力電気の一環を切れる
上記に当てはまるアタッカーからアローラガラガラを採用した。

4.メタモン
ここまででトゲキッスを始めとするダイマ積みアタッカーに弱いと感じカウンターとしてメタモンを採用した。

 

個体解説

ポリゴン2

f:id:shadez:20200726202049j:image

特性:トレース
持ち物:しんかのきせき
性格:図太い
実数値:191(244)-x-156(252)-125-117(12)-80
技:冷凍ビーム イカサマ 自己再生 トリックルーム

物理受け兼ダイマ枯らし枠

エスバの膝やウーラオスのインファも余裕を持って耐え流石の耐久だった。このポリゴン2でも数的有利さえ取れば相手のポリ2に対しTODまでの時間潰しができるため強かった。

ドヒドイデ 

f:id:shadez:20200701170747j:image

特性:再生力
持ち物:黒いヘドロ
性格:穏やか
実数値:157(252)-x-185(100)-73-200(156)-55
技:熱湯 毒々 自己再生 身代わり

アンチナット枠

最終日はマジフレ+身代わりを持ったトゲキッスが多くほとんど仕事が出来なかった。環境を見ながら熱湯の枠を見直すシーズンになった気がする。ただ毒技だと環境に多いジバコイルの頑丈が潰せなくなるためそこがこれからの課題

 

ガラガラ(アローラ)

f:id:shadez:20200809140609j:image

特性:避雷針
持ち物:太い骨
性格:腕白
実数値:167(252)-122(172)-150(52)-x-101(4)-69(28)
技:フレアドライブ シャドーボーン 骨ブーメラン 剣の舞

使ってみての感想はbよりdに振ることでジバコやポリ2に受け出し可能な回数が増えるためその方が良かったかもしれない。トリックルーム下で使うことがほとんどのため不意打ちだけ意識しておけば良かったと思った。また+1ダイホロウだとたまにギャラに非ダイマで耐えられるためポルターガイストの方が良さそうだが命中にチキッた。

 

ハピナス

f:id:shadez:20200809140614j:image

特性:自然回復
持ち物:食べ残し
性格:穏やか
実数値:331(4)-x-62(252)-119(188)-179(60)-76(4)
技:地球投げ、冷凍ビーム ステルスロック 卵産み

要検討枠

サイコショック持ちが増えたことや巧みポリzがそもそも無理、キッスに永遠怯みで突破されるなど特殊受けの機能があまり果たせてないように感じました。ただ今実装されている特殊受け枠はどれも一長一短なためできれば2体くらいでみたいがそんな余裕はなかった

 

バルジーナ

f:id:shadez:20200809140634j:image

特性:防塵
持ち物:オボンの実
性格:腕白
実数値:217(252)-85-172(252)-x-116(4)-100
技:イカサマ どくどく 挑発 羽休め

今作で見直したポケモン

挑発での起点回避、どくどくでの最低限な仕事ができ非常によくメタモンを絡めれば電気以外はかなり仕事をしれくれたと思う

 

メタモン

f:id:shadez:20200701170813j:image

特性:変わり者
持ち物:こだわりスカーフ
性格:生意気
実数値:155(252)-x-x-x-110(252)-x
技:変身

キッス使いに自分のしていることをわからせてやった。ただ最終日は身代わり持ちのキッスが増えたため非常に扱いが難しかった

 

基本選出

ポリ2+ドヒドイデメタモン(アロガラ)

ポリヒトデで相手のダイマを枯らしメタモン(アロガラ)で全抜きを狙う。パッチラゴンやキッスに対してはポリ2がダイマを切ることで相手にダイマ択を押し付け能力上昇したところをメタモンで狩ることも多々していた。

 

バルジーナ+アロガラ+メタモン

基本的な流れは上と同じだがこっちはジバコイルに対しかなり圧力をかけれる。大抵後ろにはウーラオスがいるため初手にバルジを出しジバコならガラガラに引く→ウーラオス後出しを削る→メタモンに引くという流れでウーラオスジバコは大抵完封できた。構築的にかなり刺さっているように見えるためそれを処理させてくれるのはかなり楽しかった。

 

苦手な相手

・身代わりマジフレキッス

無理。ポリ2をできるだけ対面させダイアイスにかけるのが一番有効だと思うがそうすると裏が辛いため難しかった。

 

・身代わりポリ2

S8で負けたことはなかったがトリックなどでポリ2が縛られると絶対勝てないため常に細心の注意を払う必要があった。

 

まとめ

S8は度重なる撤退詐欺をしていましたがこの構築に変えた最終週3000位台から(ワンチャン)2000チャレまで行くことができ何とか最終三桁には食らいつけました。今シーズンは反省を活かし環境にあった構築を適宜確認しながら行っていけたらと思います。サブロムに関してもできるだけ序盤から取り組み2ROMで最終日を迎えれるようできればと思います。

ここまで読んで下さりありがとうございました。

 

Twitter
Shade (@white_shade25) on Twitter